• カフェ
  • レストラン
  • ギャラリー
  • 地産地消
  • シンプル
ギャラリー・工房

カフェドグラス921ギャラリー

 岡山市内から東へ車で20分。小さな町の山里でひっそりとカフェレストランとギャラリーを2006年にオープンしました。

 移り行く季節を感じながら、1日1日を大切に過ごす。柔らかな日差し。心地よい風。心を満たす自然の香り。日々、心豊かに暮らしを楽しむ。そんな毎日の暮らしの中、「ひと時の幸せを…」をコンセプトに、光、風、緑をテーマにしたゆっくりした大人のカフェ。モノづくりが集まり、ライフスタイルを豊かにするギャラリー。その2つが融合したこだわりの空間。それがカフェドグラスです。

 町に一つもギャラリーがないこの地でいったい何ができるのだろう。何が発信できるのだろう。そんなことを考えながら新しい企画を模索しています。
 

カフェドグラス921ギャラリー
〒709-0816 岡山県赤磐市下市92-1
Tel
: 086-955-4548
Fax
: 086-955-4548
OPEN
: 10:00~19:30
CLOSE
: 水曜日
HP
: http://www1.odn.ne.jp/~cao34500/

インフォメーション

7月9日(土)~7月18日(月・祝)   立花英久の塑像
 東京銀座。古いビルの2F。珈琲の香りと一筋の光が射しこむ薄暗い店内。。そこで初めて立花さんとお会いした。煙草の吸殻から2時間くらいは時間がたったであろうか。それ以外のことは正直あまり覚えていない。

 2014夏、彼の作品が岡山に来るのは自分でも本当に信じがたかった。僕が初めて見たのは2012年。とあるアンティークショップのショーケースの中になんだか物悲しそうな1体の塑像が立っていた。それがどしても忘れられず1年間探し続けやっと出会えたのだ。口数は少なくポツリポツリと口を開く立花さんしか覚えていない。ただ岡山でカフェドグラスで展示をさせてほしいとだけ伝えた。があまり感触はなかった。いたしかたないことだ。こんな場所で展示してくれることはないだろうと。その後数か月が経ったある日、1通のメールが届いた。そこからのお付き合いとなり、立花さんとはそんな始まりだった。

 この度立花英久さんの2回目の展示会を開催します。是非ご高覧ください。
 
 CAFE DU GRACE店主

  日 時:2016年7月9日(土)~7月18日(月・祝) 11:00~18:00
      ※最終日 ~16:00
      ※休み 水曜日
      ※作家在廊日 7/9(土)
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー
      岡山県赤磐市下市92-1
24 June 2016

6月25日(土)~7月3日(日)   安部太一と椿野恵里子のこと
 今回の展示会を開催するにあたりお二人には多くの時間を頂きました。企画の取材から撮影まで2014年から安部さんの工房とカフェドグラスをお互い何度も行き来し、酒を呑み、時間を共にしました。そんな中から生まれたご夫婦での2人展はきっといいものになるだろうと。

 雨の降る5月25日。ビデオカメラ片手に僕は松江に伺った。宍道湖に繋がる川のほとりに立つ小さな平屋の工房。聴こえる音は微かな雨音と小鳥の鳴き声…。穏やかな川の流れを感じながらゆっくりと挽く轆轤姿は心をかたちにする禅の世界のようだ。言葉や文字ではなく彼はそれをかたちに込める。
同じレールに走る特急列車と各駅列車。車窓に映る景色は同じだが、全く違ったものに見える。彼は自ら各駅列車を選ぶ人間だ。同じ目的地にかかる時間差は大きいが、もっと大切なものを安部太一はいつも見つめている。

 そんな彼を側で撮り続けている奥様でありフォトエッセイストの椿野恵里子さんの写真も今回は展示します。初日11:00からは椿野さんが安部さんの花器にお花を活けてくださいます。一人でも多くのお客様に会場からお二人を感じ取って頂ければ幸いです。

 CAFE DU GRACE店主

  日 時:2016年6月25日(土)~7月3日(日) 11:00~18:00
      ※最終日 ~16:00
      ※休み 水曜日
      ※作家在廊日
       安部太一 6/25(土)・6/26(日)
       椿野恵里子 6/25(土)・6/26(日)
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー
      岡山県赤磐市下市92-1
21 June 2016

6月11日(土)~6月19日(日)   「-25°」只木芳明(木)×廣島晴弥(硝子)
 只木芳明さんとは今回で4回目の仕事をご一緒することになった。彼の作るモノはあたかもずっとそこにあったかのような顔つきでこびることなく詩的に感じる。決して上手な仕事とは言えないが、直感的に削った彼の手跡が好きなので学生の時から4年間ずっと見て来ている。綺麗なじゃがいもより不格好なじゃがいもほど気になり食べてみたくなるというそのたぐいだ。

 そこに今回は工業的で幾何学的な廣島晴弥さんのガラスを置いてみた。キリッとした彼の仕事は見ていて美しい。人の手によってつくられていることを忘れる
くらいだ。両者の同じ『削る』という行為は、素材も違えば道具も違う。互いのモノから醸し出す時間の流れも違うがまたそこが面白い。

 両者を並べると直感的に削る只木さんの刃跡に対話するかのように、幾何学的な要素が際つ廣島さんの削ったガラスの線が神秘的に感じる。一見全く違った世界に見えるがこの二人で間違いでなかったとレンズ越しに感じた。どんな展示になるか楽しみです。

  日 時:2016年6月11日(土)~6月19日(日) 11:00~18:00
      ※最終日 ~16:00
      ※休み 水曜日
      ※作家在廊日
       只木芳明 6/11(土)
       廣島晴弥 6/11(土)・6/12(日)
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー
      岡山県赤磐市下市92-1
09 June 2016

5月28日(土)~6月5日(日)   夜の木×世界のはじまり×MOBLEY WORKS
 タムラ堂の田村ご夫妻とは昨年御茶屋跡にて初めてお会いしました。温和なお人柄からの裏には想像もできない『夜の木』日本出版までの壮絶な努力をお聞きし、一人でも多くの方々に手に取って頂きたいと願い岡山にて展示会を開催することになりました。

 展示会では『夜の木』から大判シルクスクリーン作品(縦800×横600)3点と、今回初めて刷られるサイズ、中判シルクスクリーン(縦640×横510)6点の展示と絵本『夜の木』第5版の展示。『世界のはじまり』よりシルクスクリーン作品(640×640)5点の展示販売となります。また、『夜の木作品』の額装をされているMOBLEY WORKSから古材で制作したフレーム(鏡)や軍もの木箱、旋盤のオーナメントなども合わせて展示をいたします。

 東京町田に工房を構えるMOBLEY WORKSの鰤岡さんは先日カフェドグラスにお立ち寄り頂き、彼のモノつくりに対する真摯な考えをお聞きしながらこの度の展示会をさらに奥深いものへ仕上げてみたいと考えています。どうか一人でも多くの方にご覧いただけたら幸いです。

 CAFE DU GRACE店主

  日 時:2016年5月28日(土)~6月5日(日) 11:00~18:00
      ※最終日 ~16:00
      ※休み 水曜日
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー
      岡山県赤磐市下市92-1

 ■夜の木出版タムラ堂 田村実さんのお話し会を開催します
 夜の木の出会いから、一人で日本で出版するまでの無謀な挑戦。現地インドでの制作風景などスライドショーを見ながらお話ししてくださいます。

 この1冊の絵本がどのようにして日本にやってきたのか。お気軽にご参加ください。

  日 時:2016年5月28日(土) 18:00~19:00
  参加費:無料

 ※ご予約・お問い合わせはカフェドグラス末藤までご連絡ください。
25 May 2016

5月14日(土)~5月22日(日)   「白を描いた理由」ハタノワタル
 2010年に初めてカフェドグラスで展示会を開催して今年で4回目の展示会となりました。お会いしたころよく口にしていたことは「和紙にはもっと可能性がある。

 僕はその可能性をもっと多くの人に伝えたい」。その言葉どおり全国のクラフトフェアへ飛び回り和紙の可能性を自らの足と言葉で丁寧に伝えてきました。あれから6年。

 国内だけではなく、海外でも展示に恵まれ、作品制作と平行に建築の世界でもその可能性にチャレンジしています。

 カフェドグラスの什器や御茶屋跡の床の間もハタノワタルの仕事の一つです。

 この度の展示では、特定の外観表現や形ではなく、ただそこにあるというような肖像なき世界を和紙を通して平面と立体で表現します。多くの仕事をする中、そこに白を描く理由をハタノワタルは感じたからではないでしょうか。楽しみでなりません。是非ハタノワタルの表現をご覧ください。

  日 時:2016年5月14日(土)~5月22日(日) 11:00~18:00
      ※最終日 ~16:00
      ※休み 水曜日
      ※作家在廊日
       5/14(土)・5/15(日)
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー
      岡山県赤磐市下市92-1
08 May 2016

4月29日(金・祝)~5月8日(日)   伊藤 聡信の器
 2013年からカフェドグラスでは個展を開催して頂き、今年で3回目の個展となります。毎年新しい技法や配色を増やしつつラインナップも当初から比べるととても豊富になりました。

 伊藤さんと言えば印判。呉須の印判からピンクや黄色、緑の上絵と印判を重ねたものまで。土ものにも上絵をしたと思えば今回はまた磁器に。彼の創作には無国籍な魅力があります。アジアからヨーロッパ。そういえば先日伺った際はルーマニアの焼き物の話で盛り上がりました。彼の魅力は一つに縛られることなくそういった世界各国の焼き物をからインスパイアされ、解釈し、今の食卓で活躍できるものに仕上げること。誰にでもできそうなことなのですが、これがやってみるとできない。今回は上絵を中心に色物や新しい形なども展示します。3回目の個展とあって『出来るだけ多くの作品を用意します』と頼もしいお言葉も。ゴールデンウィーク是非お出かけください。

 CAFE DU GRACE店主

  日 時:2016年4月29日(金・祝)~5月8日(日) 11:00~18:00
      ※最終日 ~16:00
      ※初日は安全性の為、
       整理券をお配りし入場制限をさせて頂く場合がございます。
      ※会期中無休
      ※作家在廊日 4/29(金)
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1
20 April 2016

4月16日(土)~4月24日(日)   青々
 --
 青い鳥達が風をきる
 青い水面に模様を刻む
 青々とした木々は歌う
 青い蝶が舞い踊る
 青に出会うと心も躍る
 美しさに夢中になる
 --

 カフェドグラスでは2年前初めて展示をしてくださり、色々な方々にご覧いただくことが出来ました。2度目の展示会ではテーマを『青』。人物や風景を中心に約30点の作品を展示します。

 初めて会ったのは2年前。まだあどけなさの残る彼女は絵画を中心としたギャラリーで展示をされていました。彼女の絵は、僕の選ぶ物とよく似合う。和紙に描く事でそんなに主張もしないが邪魔もせず、モノと寄り添うような優しい空気が流れている。

 初めての展示会ではギャラリーのお客様がとても気に入ってくださる方が多く、無事2回目を開催することが出来そうです。お人柄もとても素敵で是非お会いして作品をご覧いただければ幸いです。

 今回は自ら展示してみたいと設営から入り、気合の入った展示会となりそうです。

 末藤功太郎

  日 時:2016年4月16日(土)~4月24日(日) 11:00~17:00
      ※最終日 ~16:00
      ※休み 水曜日
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1
14 April 2016

3月12日(土)~4月3日(日)   ウエダキヨアキの仕事
 器を作ったり絵を描いたり、オブジェを作ってみたり。色んなことが気になって色んなものを作りたい。ふと、こんなものを作りたいと思う。作ってみる。

 思い通りに出来たり、出来なかったり。やってみるからこそ見えてくるものがあるし、やり続けているからこそ見えてくることがある。

 何を目指しているか、どうなりたいかということよりも、辿り着いたところが自分のやりたかったことになってくれるだろうか。

 ただ、絵を描きたいという想いは自分の根底にいつもあるように思う。おもしろい作品を作り続けたい。まだまだ道程の途中である。
 ウエダキヨアキ

 ここ数年あきらかに変化し進化したウエダキヨアキ。私が出会った頃は絵の仕事はほとんど見ることが無かった。ここ数年、陶器がキャンバスの代わりを果たしているかのように、さらに夢中に描くようになった。そして今回の展示会は、キャンバスでは物足りなくなり、あっと驚くような今までで一番大きな仕事を発表しようとしている。どうなるのか全く想像がつかない。しかし彼は今まで期待を裏切ったことは一度もない。なぜなら彼は自分でも見たことのない仕事にいつも出会いたいと心から願っているからだ。

 CAFE DU GRACE/ 店主 末藤功太郎

  日 時:2016年3月12日(土)~4月3日(日) 11:00~17:00
      ※最終日 ~15:00
      ※休み 水曜日
      ※作家在廊日
      3/12(土)・3/13(日)・3/19(土)3/26(土)
       4/2(土)・4/3(日)
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
29 February 2016

1月23日(土)~2月21日(日)   裸 形
  日 時:2016年1月23日(土)~2月21日(日) 11:00~18:00
      ※最終日 ~16:00
      ※休み 水曜日
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1
 
 - 展示作品 -
 器、古物、人形など今まで展示して下さった方や交流のある方たち、個人所蔵物も含め「裸形」のモノ達を展示しています。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
05 January 2016

1月23日(土)~2月21日(日)   「LABORATORIO」展
 長野県松本市にお店を構えるラボラトリオ主宰井藤昌志さんをお招きし、岡山県牛窓御茶屋跡にて『ラボラトリオ』展を開催します。衣・食・住にまつわるSHOPやBRAND、料理家とのコラボレーション、カフェなども含んだ合同企画展となります。

 1F / 『成井恒雄・井藤昌志 2人展』
 益子の陶工、成井恒雄(故)の茶碗などのやきもの、井藤昌志のOvalBox、家具、食器などの木工品を展示します。

 2F / 『ラボ楽市』
 長野県松本市のLABORATORIOの交流の深い全国のSHOPやBRANDから、暮らしまわりの道具や雑貨、衣料品、食品がやってきます。

  日 時:2016年1月23日(土)~2月21日(日) 10:00~17:00
      ※休み 月・火曜日
  場 所:御茶屋跡 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓2833

 - 参加SHOP・BRAND -
 Charpentier de vaisseau / COOVA / CINQ / dansko / dieci
 GOOD NEIGHBORS' FINE FOOD / JOHANNA GULLICHSEN / SAML.WALTS
 TEMBEA / toe to knee / yumiko iihoshi porcelain

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
04 January 2016