• アート
  • ギャラリー
  • 手づくり
  • 豊かな暮らし
ギャラリー・工房

Gallery MARONIE

 工芸から現代美術まで多彩な展覧会を開催しています。

 今日の多様な表現のかたちに対応するため、3階、4階、5階と、雰囲気の異なった3つのギャラリースペースがあります。

 特に5階は高い天井にある天窓から降り注ぐ自然光が気持ちのいい空間になっています。

 3階にはショップもあり作家のユニークな小物や書籍の販売をしています。

 オンラインショップでもご購入いただけます。

 アクセス便利な京都四条河原町にございます。お立ち寄りお待ちしております。
 

Gallery MARONIE
〒604-8027 京都府京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332マロニエビル3F、4F、5F
Tel
: 075-221-0117
Fax
: 075-221-5956
OPEN
: 12:00~19:00※日曜日 ~18:00
CLOSE
: 月曜日
HP
: http://www.gallery-maronie.com
リンク
: facebook

インフォメーション

3月1日(火)~3月6日(日)   group art exhibition 「Hole of Mole」
 絵画の5人展

  日 時:2016年3月1日(火)~3月6日(日)
  場 所:ギャラリーマロニエ 
      京都府京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332 マロニエビル4F

 - 参加作家 -
 池田千里 / 島村薫 / 鈴木那奈 / 中原圭司 / 古川二朗
25 February 2016

2月23日(火)~2月28日(日)   タケミチ アキ展
 約2mの棒状の立体をいくつも立てたインスタレーション。立体の素材は、紫色に染めて蝋を浸みこませた綿布。「タケミチ アキ展」も今回で12回目になります。

 使い方や、設置のし方で、様々な表情を見せてくれる布や糸は、私の制作にとって欠かせない存在です。私は、自分の作品を目の前にすると、まるで人間の皮膚や、臓器の中にいるような感覚におそわれます。私の作品は、私の体の一部です。

  日 時:2016年2月23日(火)~2月28日(日)
  場 所:ギャラリーマロニエ 
      京都府京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332 マロニエビル4F
23 February 2016

2月23日(火)~2月28日(日)   李忠雨展
 韓国の大学の先生をされているLEEさん。金属ジュエリーの展覧会です。

  日 時:2016年2月23日(火)~2月28日(日)
  場 所:ギャラリーマロニエ
      京都府京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332 マロニエビル3F
18 February 2016

2月16日(火)~2月21日(日)   京都精華大学陶芸コース3回生進級制作展「土から伝わる」
 京都精華大学陶芸コース3回生による進級制作展です。
 16人の多種多様な作品を展示しております。
 是非お越しくださいませ。

  日 時:2016年2月16日(火)~2月21日(日)
  場 所:ギャラリーマロニエ Space5
      京都府京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332 マロニエビル5F
12 February 2016

2月16日(火)~2月21日(日)   京都精華大学陶芸コース2回生進級制作展「8-発展」
 2回生初の展単会のテーマは「発展」。今までに学んだ基礎知識から各自思い思いに発展させてゆき個性あふれる作品達が産まれました。それぞれの世界観をお楽しみ下さい。

  日 時:2016年2月16日(火)~2月21日(日)
  場 所:ギャラリーマロニエ 
      京都府京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332 マロニエビル4F
11 February 2016

2月16日(火)~2月21日(日)   京都精華大学陶芸コース一回生進級制作展「棚の上のおみやげ」
 日本のお土産文化をそれぞれで解釈し、「陶芸というものを通して、お土産とはなにか。」また、お土産本来の役目を終えて生活空間に入っていく。オブジェでもなく、うつわでもない陶芸展。

  日 時:2016年2月16日(火)~2月21日(日)
  場 所:ギャラリーマロニエ
      京都府京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332 マロニエビル3F
10 February 2016

2月9日(火)~2月14日(日)   いま、戦争の兆しに心いたむ美術家たちが語りかける展覧会
 心もとないこの国の先行きに、いま身の丈に即しながら、表現者の意思を示しておく意味は小さくないと思いました。

 2013年末ごろ、少数のいたたまれない思いにはじまり、やがて毎月9月夕方に京都市四条河原町東南角で、戦争の兆しに心を痛めながら、美術家たちが気ままに作品を携えて立つようになりました。そしてその寡黙なパフォーマンスは、しだいに同調する参加者を加え、定着して行きました。

 散会後の安酒を重ねるうち、話題は展覧会へ向かい、会場探しに動きはじめたところ、思いがけない「ギャラリーマロニエ」さんからのご協力を得て、急転直下の展開となりました。

 毎月9日に「ただ立っている美術家たち」がよびかけて実現した、戦争の兆しに心いたむいま『ただ作品で語りかける展覧会』です。ご高覧下さい。

  日 時:2016年2月9日(火)~2月14日(日)
  場 所:ギャラリーマロニエ Space5
      京都府京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332 マロニエビル5F
04 February 2016

2月9日(火)~2月14日(日)   善田康豊 遺作展-小品達からの伝言-
 2013年12月8日、あまりに突然な事故で染織作家 善田康豊さんは私達の前から姿を消しました。享年56才でした。ヒゲ面の大きな体でいつも優しい笑顔で話しかける彼は誰にとっても愛すべき存在でした。

 三回忌を終え残された小さな作品たち(未発表と思われるもの多数を含む)を少しでも多くの人に見て頂きたいという思いを汲んで下さったギャラリーマロニエのご厚意で企画展として開催できる運びとなりました。

 善田康豊さんを偲び、お一人でも多くの方々にご高覧頂ければ幸いでございます。

  日 時:2016年2月9日(火)~2月14日(日)
  場 所:ギャラリーマロニエ
      京都府京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332 マロニエビル3F
03 February 2016

2月2日(火)~2月7日(日)   公文瞳 Border Line
 日本画の展覧会です。初個展となります。ぜひご高覧ください。

  日 時:2016年2月2日(火)~2月7日(日)
  場 所:ギャラリーマロニエ
      京都府京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332 マロニエビル3F
28 January 2016

1月26日(火)~1月31日(日)   U.S.E.8
 今回で8回目を数える、京都造形芸術大学彫刻コースOB会による作品展です。現役学生・OB・教職員と、年齢・素材・表現方法の異なる43人が小作品やアクセサリーを独自の視点で展開致します。

 space5 U.S.E.ミニアチュール展
 space4 彫刻家のアクセサリー展
 space3 OB会選抜個展「日隈愛香 展」

 space3 OB会選抜個展は、前回のU.S.E.7出品者の中から、実行委員で協議して推薦した彫刻コース15期生の日隈 愛香です。

 日隈愛香のコメント「卒業後、活動の場を東京に移し公募展やグループ展などに積極的に参加するようにしてきました。今回の展示は卒業後に制作した物ばかりなので、是非ご高覧頂けましたら幸いです。」

 2016年のアート初めに「U.S.E.8」を是非ご高覧下さい。

  日 時:2016年1月26日(火)~1月31日(日)
  場 所:ギャラリーマロニエ Space5F・4F・ 3F
      京都府京都市中京区河原町四条上ル塩屋町332 マロニエビル5F
21 January 2016