• カフェ
  • レストラン
  • ギャラリー
  • 地産地消
  • シンプル
ギャラリー・工房

カフェドグラス921ギャラリー

 岡山市内から東へ車で20分。小さな町の山里でひっそりとカフェレストランとギャラリーを2006年にオープンしました。

 移り行く季節を感じながら、1日1日を大切に過ごす。柔らかな日差し。心地よい風。心を満たす自然の香り。日々、心豊かに暮らしを楽しむ。そんな毎日の暮らしの中、「ひと時の幸せを…」をコンセプトに、光、風、緑をテーマにしたゆっくりした大人のカフェ。モノづくりが集まり、ライフスタイルを豊かにするギャラリー。その2つが融合したこだわりの空間。それがカフェドグラスです。

 町に一つもギャラリーがないこの地でいったい何ができるのだろう。何が発信できるのだろう。そんなことを考えながら新しい企画を模索しています。
 

カフェドグラス921ギャラリー
〒709-0816 岡山県赤磐市下市92-1
Tel
: 086-955-4548
Fax
: 086-955-4548
OPEN
: 10:00~19:30
CLOSE
: 水曜日
HP
: http://www1.odn.ne.jp/~cao34500/

インフォメーション

11月28日(土)~12月6日(日)   長島慶明の伝えたいこと
 モノをつくることは、自分の中で足り得ないものを補完する行為のように感じています。また、何か伝え足り得ないものを作品を通して伝えることができればといつも思っています。

 長島慶明

 地元赤磐市在住の陶芸家長島慶明さん。多治見にて陶芸の基礎を学び、その後青年海外協力隊としてエルサルバドルにて3年間陶芸を指導する。帰国後県内の障害者施設にて陶芸を教えながら自らの作品を制作し続けています。カフェドグラスでは今年で4回目の展示会となります。是非ご覧ください。

 CAFE DU GRACE/ 店主 末藤功太郎

  日 時:2015年11月28日(土) ~12月6日(日) 11:00~18:00
      ※最終日 ~16:00
      ※休み 水曜日
      ※作家在廊日 土・日曜日
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1
25 November 2015

11月14日(土) ~11月22日(日)   STYLE「それぞれの書斎」展
 2013年から3年連続で企画したシリーズ『STYLE』。キッチン、リビングに続き最後は「書斎」。3名それぞれの作り手が「書斎」を提案します。

 「書斎」ではお気に入りの本を読んだり、書き物をしたり、音楽を聴いたり、珈琲を楽しむ人もいるだろう。時間も忘れ、誰にも邪魔されず言わば自分専用のスペース。唯一わがままできる空間にオリジナルのモノもお答えします。鉄と木を使った木多さん、漆を扱う小林さん、木のぬくもりを最大限に生かす米山さん。

 岡山在住の3名の木工作家に「書斎」で使うテーブル、椅子、ランプ、本棚、小物などを展示して頂きます。是非お待ちいたしております。

 CAFE DU GRACE/ 店主 末藤功太郎

  日 時:2015年11月14日(土) ~11月22日(日) 11:00~18:00
      ※最終日 ~16:00
      ※休み 水曜日
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1
21 November 2015

10月31日(土)~11月8日(日)   ANCHORET「アンカレットの古道具」
 展示会第2弾ではアンカレットの古道具(雑貨)を中心に展示を致します。フランスやベルギーなどのグラスや陶器、かごや箱、布類など今回の展示会に合わせアンカレット主宰平山喜久さんが9月に買い付けに行ってくださいました。アンカレットは年に2、3ほど買い付けに行き、ヨーロッパを中心にトレーラーで各地を廻ります。買い付け後、長年の腕利きの職人が1点1点修理し古いものなのですがきちんと使えるものだけを提供しています。古モノなので全て1点モノとなります。

 10月31日からは引き続き岡田直人の器、アンカレットの家具、そして古道具が並びます。ご来場お待ちいたしております。

  日 時:2015年10月31日(土)~11月8日(日) 11:00~18:00
      ※最終日 ~15:00
      ※休み 水曜日
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1
24 October 2015

10月24日(土)~11月8日(日)   岡田直人×ANCHORET「岡田直人の器と アンカレットの古い家具」
 展示第1弾では岡田直人の陶器 約250点と、主にフランスやベルギーの古いキャビネット、テーブル、シェルフ、チェアーや工場や学校に使われ Le Corbusier(コルビジェ)を始め、多くのクリエーター・建築家などが愛用していたフランス生まれのGRASのランプなどの家具類を中心としたものと一部雑貨も並びます。

 アンカレットの古いモノは全て1点モノとなります。なくなり次第終了となります。

 岡田直人の器とアンカレットの古い家具をご覧いただければ幸いです。

  日 時:2015年10月24日(土)~11月8日(日) 11:00~18:00
      ※最終日 ~16:00
      ※休み 水曜日
      ※作家在廊日 10/24(土)・10/25(日)
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1
12 October 2015

10月10日(土)~10月18日(日)   吉田 佳道の竹籠展
 アルプス山脈のふもと安曇野に工房兼ご自宅を構える吉田佳道さん。彼の仕事はまず竹材を山から出す際、傷がついていない竹を丁寧に選ぶことから始まる。

 竹籠は機械を一切使わない。刃物10本ほどで竹を割り、削ぎ、基本となる竹を1ミリ単位の細さまで毎日何百本と作る。全工程の7割はこの仕事。

 この仕事がもっとも大切だと吉田さんは言う。細さと厚みが合っていなければ美しく編むことが出来ないからだ。吉田さんの竹籠は漆を塗ることが多い。松煙を合わせた漆を塗ることで丈夫になると同時に、編んだ竹籠に陰影ができ、より美しく見える。朝鮮から渡ってきたであろう竹籠の技術だが、日本独自の手仕事によってまた新たな価値観が生まれる。吉田さんの作る美しい手仕事を是非ご覧ください。

  日 時:2015年10月10日(土)~10月18日(日) 11:00~18:00
      ※最終日 ~16:00
      ※休み 水曜日
      ※作家在廊日 10/10(土)
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1

 - 展 示 -
 花籠、掛け花籠、白いかご、灯りのかご 約70点

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
05 October 2015

9月12日(土)~10月4日(日)   堀 仁憲/坂野友紀「喫茶のこと」
 堀さん、坂野さんとは2012年に東京から岡山に移住してきたときからのお付き合いです。彼らは制作の傍ら、何年もかけて自分たちで民家を手直し、日々田畑も行う。半分作家、半分農家と大工。そんな暮らしを岡山で実現されています。
とある日の午後、ご自宅に伺った際、庭で取れたイチジクを使って坂野さんが手づくりでお菓子を作ってくださり、堀さんがお茶を入れてくれる。また違った日の夜に伺ったときは自家製の野菜のカレーを堀さんが作ってくれる。

 食器とカトラリーは全てお二人の作ったモノ。彼らの作るモノは本当の意味で日々の暮らしと寄り添ってカタチとなっていることをいつも感じさせられます。

2012年に岡山へ移住してきて展示会を開催するまで何度も何度もお時間をとりお話ししてきました。お会いするたび彼らが作るモノを心から紹介したいと思いました。岡山で初めての展示会「喫茶のこと」。先日ご自宅に伺った際初めて見る食器やカトラリーの数々。新しいことにチャレンジしてくださったことが伺えました。今回カフェドグラスでは喫茶で必要な道具を中心に新作を多数展示します。

 堀さんの器には柔らかい質感のモノと細かな細工モノがあります。どちらも共通するのはカタチを追わず土がのびのびしていて決して嫌気がない。手に取ると誰が使ったのかなど関係なくなる解放感があります。象嵌や三島も彼の手にかかれば嫌味なくこうなるんだと。写真にあるカップも綺麗な円形ではない。虫食いのない綺麗な形の野菜より、土のついた葉もかじられた野菜が何より彼らしい。

 坂野さんのカトラリーを初めて拝見したとき、非常に考えられた形と厚さ、角度だなと思ったことがあります。失礼ながら坂野さんのことは知らなかったのですがたぶん7年ほど前なのかな。金属は冷たいイメージだったのですが彼女が作る洋白と真鍮のカトラリーは手にしたときに感じる手仕事の温かさと優しさがあります。

 今回お二人の展示会に合わせてギター青木隼人さんの演奏会とねじまき雲さんが珈琲を淹れに会場にお越しになられます。作品と音楽と珈琲をお楽しみくださいませ。ご来場お待ちいたしております。

 CAFE DU GRACE/ 店主 末藤功太郎

  日 時:2015年9月12日(土)~10月4日(日) 11:00~18:00
      ※休み 水曜日
      ※最終日 ~16:00
      ※作家在廊日 9月12日(土)、13日(日)
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1

 ■青木隼人ギター演奏会「夜と朝に」

  日 時:[夜の会]2015年9月12日(土) 開場 18:00 / 開演 19:00-20:30
      [朝の会]2015年9月13日(日) 開場 8:00 / 開演 9:00-8:30
  料 金:3,000円(ねじまき雲の珈琲1drink付)
  定 員:20名程度

 ※定員になり次第終了とさせて頂きます。
 ※詳しくはこちらをご覧ください。
24 August 2015

9月5日(土)   櫻井焙茶研究所茶会 @御茶屋跡
 この度、2015年9月5日(土)1日限定で西麻布にて「櫻井焙茶研究所」主宰櫻井真也氏を西日本で初めて牛窓御茶屋跡にお招き致します。

 2014年12月にオープンしたお茶専門のお店。日本各地のお茶をはじめ、独自で焙煎、ブレンドしたお茶を提供。カウンター6席のみの茶房ではお茶のコースを
楽しんで頂けます。
 
 お茶を楽しむためにここまで作るのかというこだわった空間はSIMPLICITY緒方慎一郎氏。空間と亭主の流れる作法の美しさに初めて訪れた時の印象は脳裏に焼き付いています。櫻井氏が目指す「お茶」の新しい愉しみや価値観を広げ、進化させていきたいという思いが一口味わった瞬間心にぐっと伝わってきます。
  
 ―「お茶」を通じて人との縁が生まれるように。そして「お茶」が奏でる安らぎを創造し、研究していきたい―
 
 櫻井真也氏の点てる「お茶」が、一人でも多くの方々の口に広がり楽しんで頂けることを強く願っています。
 
 CAFE DU GRACE / 御茶屋跡 店主 末藤功太郎

  日 時:2015年9月5日(土) 10:00~17:00
  場 所:御茶屋跡 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓2833

 ■souen『櫻井焙茶研究所 茶会』櫻井真也
 お茶のコース 予定:玉露、ブレンド茶、炒りたて焙じ茶、お薄、和菓子

  日 時:2015年9月5日(土)
      ①10:00~11:00 ②12:00~13:00
      ③14:00~15:00 ④16:00~17:00
      ※いづれかの時間でのご予約となります。
  場 所:御茶屋跡 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓2833
  定 員:1回6名 合計24名
  会 費:お一人様4,000円
  茶 碗:伊藤環、寒川義雄、熊谷幸治、堀仁憲、森本仁、吉田次朗
      ※いづれかの茶碗を亭主が見立てお出しいたします。
       選ぶことはできませんのでご了承ください。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
09 August 2015

8月29日(土)~9月6日(日)   水野麻弥「ヌーの旅」
 ここから少し何かを変化させていきたいな、という思いを持ちつつ今回の展示会を開催します。

 今回初めてヌーの群れを作ってみるのも、ちょっと何か新しいことをやりたい、と思っていた時なので良い機会だと思っています。自分の好きな動物の姿を好きなだけ作ってみたい、という欲を満たすためもあるかもしれません。

 岡山在住の水野麻弥さんのカフェドグラス2回目の個展となります。動物をモチーフとしたジュエリー約100点展示します。

  日 時:2015年8月29日(土)~9月6日(日) 11:00~18:00
      ※休み 水曜日
      ※最終日 ~16:00
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1
03 August 2015

8月1日(土)~8月23日(日)   さる山
 この度、元麻布にて「古道具さる山」を主宰する猿山修氏の展示会を岡山で初めて開催します。展示会にあたり、プロダクトもの、グラフィック、音、作家との共同制作もの、骨董、など猿山修氏のあらゆる仕事をご紹介いたします。

 「線と余白」。骨董屋から始まったお店は独自の視点でモノを選び、やがて自らデザインし、世にモノを送り出すお店へと進化する。

 幅の広いお仕事だが、どれをみても猿山美学が際立ったものばかりです。現代社会のスクラップ&ビルドの時代に「さる山」が生き残る理由がそこにはあります。多くの方々に猿山修が関わった仕事をご覧いただければ幸いです。

 CAFE DU GRACE  店主 末藤功太郎

  日 時:2015年8月1日(土)~8月23日(日) 11:00~18:00
      ※休み 水曜日
      ※最終日 ~16:00
      ※猿山修在廊日 8/8(土) 
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1

 - 猿山 修 profile -
 1966年生まれ。デザイナー
 元麻布にて、グラフィックやプロダクトデザインをはじめ生活道具の企画、プロデュース。演劇の作曲や演奏なども行う。古陶磁を扱う「さる山」を主宰
17 July 2015

7月18日(土) ~7月26日(日)   小泊良の器 南の島今帰仁村から
 那覇空港から北へ車で約90分。南国の木々が生い茂る今帰仁村に小泊さんの工房とご自宅がある。庭の中央に立つ大きなセンダンの木の下には色鮮やかな草花が生い茂り、沖縄の風を十分なほど感じさせてくれるロケーションです。

 2年ぶり3回目となるカフェドグラスでの個展。小泊さんの今を率直に聞いてみた。「最近はどんなことを感じながら焼き物と向き合っていますか」「最近は、というか以前にもましてつくりたい物をあまり考えもせずとにかく手を動かしどんどん作る、という感じです。そこから何か見えるかな、と。理想は頭や言葉が追いつかないくらいの量とスピードと熱を手にしたいです。」

 クラフトや工芸、アートの境など考えることなく思うままに手を動かし続ける小泊さんの仕事はいつも南の島のように晴々して気持ちが良い。3度目の個展が楽しみです。

  日 時:2015年7月18日(土) ~7月26日(日) 11:00~18:00
      ※最終日 ~17:00
      ※休み 水曜日
      ※小泊良 初日在廊
  場 所:カフェドグラス921ギャラリー 岡山県赤磐市下市92-1

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
26 June 2015