雑誌「チルチンびと」65号掲載 京都大原の山里に暮らし始めて

やるべきことが、絶え間なくやってくる

高野川沿いにあるヤマザクラの並木は、100mほど続く。ヤマザクラの咲く時期はソメイヨシノよりも少し遅く、例年4月20日が見頃だ。ヤマザクラは花が咲く時期に新芽も出てくる。新芽の色は赤、茶、緑と変異が多く美しい。 古いガラス窓は、表面が波打っている。それで、窓越しの庭の花たちもゆがんで見えて楽しい。 大原に引っ越してひと月が流れた。僕とベニシアは来る日も来る日も、家の雑用を続けていた。これが今やらなければならない仕事だと思っていたからだ。そんな僕たちを見て、近所の人たちはたずねてきた。「仕事は何をしているんですか?」 働かなくてもお金が廻るのだろうと見ていた人もいたようだ。 実際は、家を買うのにお金を使い果たしてしまい、安くて栄養価が高い納豆が主菜の生活であった。そのためか、2歳半の悠仁は大の納豆狂いとなった。「ABCDナットウライス♪」と悠仁が口ずさむうちに、近所の子どもたちもその歌を歌い始めた。 家の配線図をつくってみる やるべきことの一つに電気の問題があった。キッチンでトースターと掃除機を同時に使うと、いつも安全ブレーカーが落ちた。また、2階の部屋の半分は、電気がどこかで止まっていた。おそらく、こんな時は、業者に見てもらうのが普通だろう。とはいえ〝納豆生活経済状態〞である。とりあえず、電気はどうやってこの家へ来ているのか調べてみた。 電気は電力会社によって発電所でつくられる。その電気はまず送電線、次に配電線を通って運ばれ、通常100Vに変圧された後、電柱から各家のメーターまでやってくる。そして分電盤へ。分電盤には複数の安全ブレーカーが付いている。安全ブレーカーを経て、電気回路の最終点へ。一般家庭での最終点とは、各部屋に取り付けられているコンセントボックスと引っ掛けシーリング(部屋の天井に付いている照明器具をセットする配線器具)から使える電気であろう。こうして僕たちは発電所から 上/土手で摘んだネコヤナギと庭の菜の花、紅梅を玄関に飾った。友人がタケノコを掘って来たので、 下/3月上旬、梅がたくさん花さっそく茹でる準備をした。を咲かせた。

ページ数:4

このコンテンツを閲覧するには、FlashPlayer9以上がインストールされている必要があります。またJavascriptを有効にする必要があります。

ページ 1 2 3 4