雑誌「チルチンびと」77号掲載 京都大原の山里に暮らし始めて

ハーブ・ガーデンから起きた波

僕は1996年に、イギリス人の妻・ベニシアと 息子の悠仁と3人で、京都大原の山里に引っ越してきました。 暮らしながらの民家改修や、ここで経験したこと、 考えさせられたことなどを綴っていきます。 写真と文 梶山 正 かじやま・ただし/1959年長崎県生 まれ。写真家。山岳写真など、自然 の風景を主なテーマに撮影している。 登山ガイドブックほか共著多数。84 年のヒマラヤ登山の後、自分の生き 方を探すためにインドを放浪し、帰 国後まもなく、本格的なインド料理 レストラン「DiDi」を京都で始める。 妻でハーブ研究家のベニシア・スタ ンリー・スミスさんとはレストランの お客として知り合い、92年に結婚した。 昨年9月に滋賀と岐阜の県境にある伊吹山(1377メートル)に悠仁と登った。庭のよう な美しいお花畑が山頂一帯に広がる山だ。植物の種類が多く、織田信長が山中に薬草園を つくったと言われている。 

ページ数:8

このコンテンツを閲覧するには、FlashPlayer9以上がインストールされている必要があります。またJavascriptを有効にする必要があります。

ページ 1 2 3 4 5 6 7 8