住宅雑誌「チルチンびと」67号 -古びの美が宿る家-

煤の付いた古材や味わい深い古建具、古家具などの、いわゆるアンティークは、長い年月を経たからこそ醸し出せる風格を漂わせ、昔も今も人を惹き付けて止みません。古いものを直して慈しむ暮らしは、人の心を豊かにする力もあるのではないでしょうか。数十年、数百年を経た建物を生かしながら、今の暮らしに合わせて再生させるー。本特集では、そんな住まいとそこに暮らす住まい手の思いを紹介します。あわせて、イギリスの伝統的な手法でアンティーク家具を修復するノウハウや、住まいに取り入れられる古家具や古道具を扱う店もご紹介。

ページ数:9

このコンテンツを閲覧するには、FlashPlayer9以上がインストールされている必要があります。またJavascriptを有効にする必要があります。

ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9